わしの土地の境界はどこだ!神様のみぞ知る?1

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識

*わしの土地の境界はどこだ!神様のみぞ知る?1
スポンサードリンク
スポンサードリンク

*わしの土地の境界はどこだ!神様のみぞ知る?1



・境界はいつはっきりしたか?

明治時代に税金(地租)をとるため日本全国で測量が行われ、今でも法務局で使ってる公図(土地台帳付属地図)ができあがったんです。

このときの測量はお粗末なものでありました。巻尺の代わりに、しるしをした縄を使って測りました。全国いっせいにやりだしたので、人手が足りない。村人も手伝いました。

この縄が延びたり縮んだり。延びたときは面積が少なく測られている。つまり登記簿の面積が実際の面積より少なくなっているんです。逆に縮んだときは面積が多めに測られていることになります。

そして図面をつなぎ合わせてある程度の大きさで1枚の図面に墨で仕上げたんです。それに番号をつけました。これが地番です。そして土地台帳(登記簿)を作りました。

これが政府公認の境界の始まりです。

ついでに現在の測量を紹介しておきます。現在、主な点は人工衛星の電波をとらえて計算します。そうです、カーナビゲーションの上等なものです。

その点を基準に光波測距儀といって、光で距離を測り角度を測っていきます。正確です。

境界がわからなくなっても、かなり正確に復元することができます。こういう測量をした後は、境界に関しての裁判は非常に少なくなります。裁判所も裁判官も大助かりです。ここで税金が浮いてきます。(笑)

スポンサードリンク
めちゃやさしい不動産の基礎知識 わしの土地の境界はどこだ!神様のみぞ知る?1トップ | お問合せ | LINK |