わしの土地の境界はどこだ!神様のみぞ知る?2 めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識

*わしの土地の境界はどこだ!神様のみぞ知る?2
スポンサードリンク
スポンサードリンク



・公図を作るのに境界はどのように決められたか。

まず比較的正確な公図を紹介しょう。
境界線の辺の長さを辺長といいます。これが記載されているものがあります。こんな公図はめったに見られません。

大体のところでは、山林の場合、尾根、谷、木の種類の相違等を基準にしました。農地では畦道(あぜみち)、法すそ(のりすそ、傾斜のいちばん下)、法肩(のりかた、法のいちばん上)等を基準にしました。

現在のように地価が高くなかったものですから1センチ、2センチではなく大ざっぱだったんです。

そのようにして決められた境界は、以後少しずつ動くわけです。境界は生きものといわれます。農地なんかでは、あぜ道をどんどん削って自分の土地を広くする人もいます。

1度も分筆していない土地は明治時代に測ったままです。こういう土地は登記簿上の面積と実際の面積と当然合いません。

測量というのは誤差が出てきます。これを許容誤差といいます。当時の誤差は非常に大きかった。誤差に加えて作為的に少なく測ったとしか考えられないような誤差もあります。

隣地との境界の立会いもしないで分筆されていた時代もありました。

現在はすべて立会いして周囲を確定して分筆しています。
あるいは区画整理といって、ある一定地域を1つにして、区画を整然とやりなおすんです。
これらが済むと新たな境界ができていきます。

また明治時代のままではダメだと日本全国再測量をやっています。これが国土調査とか地籍調査といわれるものです。

こういう最近の測量では、もし境界がわからなくなっても正確に復元できます。

問題は昔の境界です。どうかすれば、神様のみぞ知るということになります。

スポンサードリンク
めちゃやさしい不動産の基礎知識 わしの土地の境界はどこだ!神様のみぞ知る?2のページ・トップ | お問合せ | LINK |