最近の収益物件について警告! 1 めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識

*最近の収益物件について警告! 1
スポンサードリンク
スポンサードリンク


*最近の収益物件について警告! 1


かなり前から優良売り収益物件が払底していることは周知の事実です。
中には珍しく何でこんなにいい利回りなんだろうという物件が出ていることがあります。

そういう物件には難点があることが多いんです。
道路が狭い、専用通路で再建築不可能、道路が中心後退しなければならない道路である。再建築時には、中心後退すると道路負担がかなりあって、思うような建物が建てられない等です。

収益物件に限らず、通常の住宅でも注意しなければならない物件が出てきております。

ほぼ物件が出尽くしてくると、残っていた優良でない物件が台頭し始めるわけです。

当サイトでも過去何回か取り上げましたが、耳にたこができてもいい、

お正月にたこ揚げ?したらいい。(笑)失敗しないためにももう一度復習していきましょう。


・接道義務−−−−−都市計画区域、準都市計画区域内(たいていの地域はこの区域に入ると考えていいでしょう。)の建築物の敷地は、建築基準法上の道路 (過去の記事参照)に2m以上接していなければならないと建築基準法(43条1項)に決められています。これを接道義務といいます。

敷地が直接道路に2m以上接していてもいい。また敷地から2m以上の専用通路が道路に2m以上接していてもいいんです。
この2mの解釈は直角に測って2m以上です。

スポンサードリンク


めちゃやさしい不動産の基礎知識 最近の収益物件について警告! 1 のページ・トップ | お問合せ | LINK |