競売物件・地代の滞納・競売用語

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

『不動産競売用語』 競売物件・地代の滞納

スポンサードリンク スポンサードリンク

『不動産競売用語』 競売物件・地代の滞納




競売物件が借地上の建物であるときは、差押債権者は「地代の滞納」

注意が必要です。

競売物件の所有者がその地代を滞納すると、土地の所有者は、競売物件

の所有者に対し、地代の滞納を理由に賃借権の解除をすることができま

す。


つまり地主は、借主(競売物件の所有者)が地代を滞納すれば、それを

理由に土地賃貸借契約を解除することができます。

解除されたら困るのは、借主(競売物件の所有者)よりも差押債権者で

す。

借地権をなくした借地上の建物は価値がなくなります。通常は建物を取

り壊して更地にして、地主に土地を返還しなければなりません。

差押債権者は、そんなことがあってはたいへんです。そこで債務者(所

有者)が地代を滞納したときは、、債務者(所有者)に代わって差押債

権者が、執行裁判所の「地代の代払の許可」を得て地代を弁済すること

ができます。

もし差押債権者が気づかずに地代の滞納を見過ごし、競売され、借地上

の建物が買受人の所有になったとき、地代の滞納を理由に賃借権の解除

の通告をされたらどうなるでしょう。

通告もいきなり解除ではなく、通常「何日以内に支払いなき場合は解除

する」ということになるでしょうが、この時点で、買い受け人は、びっ

くりして右往左往することになります。

そんなことのないよう、借地上の競売物件の場合は、その地主に会い、

地代の滞納はないか、土地賃貸借の名義変更について支障はないか等事

前調査をする必要があります。

スポンサードリンク
不動産競売基礎知識・競売用語 続く

   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   不動産競売基礎知識・競売用語のページトップ |LINK |