一括競売制度とは・不動産競売基礎知識

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

一括競売制度とは・不動産競売用語

スポンサードリンク スポンサードリンク

一括競売制度とは・不動産競売用語 



*一括競売制度とは




土地に抵当権が設定された後、その地上に建物が建築されたときは、

抵当権者は、建物に抵当権が設定されていなくても、土地とともに

その建物を競売することができるんです。これを一括競売制度とい

われています。


抵当権者は、抵当権が建物に及んでいないので、建物についての優

先弁済は受けることはできません。土地の競売代金についてのみ優

先弁済を受けることができるんです。


この場合の建物は、抵当権設定者(債務者)の所有とは限らず、第

三者の所有であっても一括競売できることになります。(民法38

9−1)


ただし、この一括競売制度は、その建物の所有者が抵当地を占有す

るについて、抵当権者に対抗することができる権利を有している場

合は、適用されないんです。(民法389−2)


このような例も、そう多くあるわけではありません。しかし注意し

ましょう。



(参考)


【抵当権の実行】

債務者が返済不能になり、債権者が、債権回収のため抵当権に基づ

き抵当物件を競売することになります。このことを抵当権の実行と

いいます。


【民法】

   第十章 抵当権

    第一節 総則


(抵当地の上の建物の競売)

第三百八十九条  抵当権の設定後に抵当地に建物が築造されたとき

は、抵当権者は、土地とともにその建物を競売することができる。

ただし、その優先権は、土地の代価についてのみ行使することがで

きる。

2  前項の規定は、その建物の所有者が抵当地を占有するについて

抵当権者に対抗することができる権利を有する場合には、適用しな

い。






不動産競売基礎知識・競売用語 続く

めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る 不動産競売基礎知識・競売用語のページトップ |LINK |