競売・三点セット(現況調査報告書、評価書、物件明細書)・競売用語

めちゃやさしい不動産競売基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

『不動産競売用語』 競売・三点セット(現況調査報告書、評価書、物件明細書)

スポンサードリンク スポンサードリンク

『不動産競売用語』 競売・三点セット(現況調査報告書、評価書、物件明細書)




・現況調査報告書

裁判所の執行官が競売物件、その権利関係などの現況について調査した結果の報告書です。

競売物件の土地の現況地目(宅地、田、畑、山林等の種類)建物の種類(居宅、店舗、等)構造(木造瓦

葺2階建、鉄骨造等)など不動産の現在の状況のほか、不動産を占有している者の氏名や、その者が占

有する権原を有しているかどうか(賃貸契約ならその状況)などが記載され、最近では不動産の写真など

が添付されていることが多い。

現況調査報告書の中で、競売物件の占有者がどのような関係人かが重要な検討資料となります。

占有者がいないと書かれていても安心はできません。ここに書かれているのは、裁判所の執行官が競売

物件の調査した時点のもので、それ以後を保証するものではありません。それ以後権限のない者が競売

物件に居座っているかもしれません。



・評価書

裁判所が選任した評価人(たいていは不動産鑑定士)による競売物件の周辺の環境、競売物件の評価額

が記載され、不動産の図面などが添付されています。

単なる評価だけではなく競売の特殊事情による減額の計算等も書かれています。



・物件明細書

執行裁判所がその物件の権利関係の取得、滅失などの明細を記載しています。

競売後もそのまま引き継がなければならない賃借権などの権利があるかどうか、土地又は建物だけを買

い受けた時に建物のために底地を使用する権利が成立するかどうかなどが記載されています。
スポンサードリンク
不動産競売基礎知識・競売用語続く
   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   不動産競売基礎知識・競売用語のページトップ |LINK |