不動産の税金おまかせコーナー

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識 印紙税について

不動産の税金おまかせコーナー

スポンサードリンク スポンサードリンク


不動産の税金おまかせコーナー




下記の住友不動産販売株式会社、アットホーム株式会社は、

全国 展開している屈指の不動産会社です。 不動産の税金に

ついて非常にわかりやすく解説されています。


ただし、税法、地方税法、租税特別措置法は頻繁に改正されてい

ますので、対応がたいへんです。それに間に合わないことも多々

あると思います。

その場合は下記に国税庁関係のサイトを掲載しておりますので、

それでご確認ください。



国税庁関係は、不動産にこだわらず、すべて掲載しております。

これで怖いものなしのまさに「日本一の税金おまかせコーナー」

ができあがりました。^^


「なに、怖いものがあるって、何だ、それは?」

大きな声で言えんけど、税務署・・・・・」  チャン チャン



**********************************

「不動産の税金おまかせコーナー」


    リンク一覧




住友不動産販売株式会社( http://www.stepon.co.jp/ )

マンション、一戸建て、土地など不動産情報サイト

不動産の税金の知識  

http://www.stepon-contents.jp/zeikin/





アットホーム株式会社( http://members.athome.co.jp/ )

賃貸・不動産のことならat home webへ

不動産に関わる税金の基礎知識

http://atbb.athome.jp/tool/fd-tax/index.html






国税庁 
http://www.nta.go.jp/index.htm  
国税庁



所得税
http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shotoku.htm  
所得税



法人税 
http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/hojin.htm  
法人税




源泉所得税 
http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/gensen.htm     
源泉所得税




消費税 
http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi.htm  
消費税



譲渡所得 
http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/joto.htm  
譲渡所得



印紙税 
http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/inshi.htm  
印紙税

印紙税額一覧表 
  http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/inshi/pdf/zeigaku_ichiran.pdf 
印紙税額一覧表



相続税・贈与税 
http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/sozoku-zoyo.htm  
相続税・贈与税



酒税 
http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/sake.htm  
酒税




登録免許税のあらまし 
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7190.htm  
登録免許税のあらまし



登録免許税の税額表
租税特別措置における住宅取得関係の登録免許税の税額表
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7191.htm  
登録免許税の税額表・
租税特別措置における住宅取得関係の登録免許税の税額表



土地の登記に係る登録免許税の
改正に関するお知らせ
(平成20年5月)(PDF/83KB) http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sonota/02.pdf  
土地の登記に係る登録免許税の
改正に関するお知らせ (平成20年5月)(PDF/83KB)



**********************************



*不動産の税金−−−所得税(不動産所得)





所得税は、国税です。

こまかく分けますと10種類あります。 事業所得、給与所得、不動産

所得、利子所得、配当所得、退職所 得、山林所得、譲渡所得、一時

所得、雑所得です。 この中で不動産に関係のあるのが不動産所得、

譲渡所得(不動産 を売却したときの所得ですので今回は省略)です。

事業をやっておられる方は毎年申告されているのでよくご存知だ と思

います。 しかしサラリーマンの方々は、会社の経理部で毎年計算して

もら っておられるので、詳しくない方が多いのではないかと思います。

少しこのことについて触れておきます。



・給与所得  


税金は、収入−必要経費=儲け 
      (儲け−諸控除)X 税率 で計算するんです。

しかし給与所得はちょっと違うんです。経費は政府が決めている んです。

最低65万円です。給与所得が65万円なら儲けは0ということ です。

年収500万円の人なら154万円が経費です。

500万−154万=346万円が儲けです。

この154万円の経費のことを給与所得控除額といいます。34 6万円の

儲けを給与所得控除後の金額といいます。この金額から 諸控除を引いた

あと税率を掛けて税金を算出するのです。 サラリーマン業は、スーツ、ネ

クタイ、靴等必要です。交際費も 必要です。年間154万円がそれにあてる

費用なんです。月12 万8000円です。(事業所得者にはこの控除ないんです。

裸、 裸足でいいということですかね。^^)

この政府が決めた経費から見ると、「もうちょっと小遣い上げて もらっても・・・」

とおかあちゃんに言ったらだめですよ。

「あんた! 儲けが少ないからだめ!(怒)」


会社経理部では、年収を予測して仮の税額を計算して毎月所得税 を徴収し

年末に調整するわけです。会社は、徴収した税金を年間 何回かに分けて税務

署に送金しているのです。





*不動産所得を会社に知られたくないサラリーマンは?





不動産所得の申告時に、申告用紙にチェックする必要があります。

申告用紙の「住民税・事業税に関する事項」の個所に

「給与所得 以外の住民税の徴収方法の選択」という欄があります。

■給与から差し引き(特別徴収)
■自分で納付(普通徴収)



「自分で納付(普通徴収)」の方にチェックを入れましょう。

こ れで不動産所得に対する住民税は、市町村からあなたに直接納付

書を送ってきますので、あなた自身が納付すればいいことになり ます。

給料の分の住民税については会社が今までどおり引きます。 心配な人は、

市町村役場へ行き、税務課で、この件について念を 押しておきましょう。

市町村役場税務課は、住民税をいただくために気を遣っているん です。^^






*不動産所得と給与所得






サラリーマンの皆さんが、貸家を持ったとなると、家賃が入りま す。

これが不動産所得です。今度は自分で申告しなければなりません。

会社から「給与所得の源泉徴収票」をもらって申告することにな ります。

「給与所得の源泉徴収票」には年収、源泉徴収税額、社会保険料 等記

載されています。これを添付して所得税の確定申告をするこ とになります。

不動産所得には、給与所得控除のようなものがありません。裸、 裸足では

無理ですので、制服を買ったとします。

税務署は言います。「これはだめです。経費になりません。」大 阪市役所の

制服事件のようなことが起きてきます。



ちゅうさんは、毎年税務署が暇な2月20日ごろ申告に行ってま した。

あるとき横の人が言われていました。

「この食事、接待費の内容は?」

「お昼になってしまったので、お客さんと食堂で丼を食べたんで す。」

「お客さんの分は経費です。しかし、あなたの分は経費になりま せん。

ここで食べなくてもあなたはお昼をどこかで食べるでしょ う。」


「私の分は経費になりませんので、お客さんだけ食べてくださ い。」
と言えますか?


これほんとの話なんです。

読者に税務署の方おられたらごめんなさい。ちゅうさんはそのと き限り申

告終了日の3月15日に申告に行くことにしたんです。 ダンボール箱に入れ

るだけですから・・・

最近は郵送してますけど。



さてこれからです。不動産所得ということになると、再々貸家へ 行くことも

あるでしょう。能率を上げるためには自動車も必要で しょう。

しかし経費算入は必要分だけです。つまり2分の1なら2分の1 だけ経

費算入です。自動車の減価償却費(建物は当然)、ガソリ ン代、修繕費、

点検費用、検査受け費用、自動車税等です。 光熱水道費等の集金業務

がある場合は、パソコンの減価償却費、 インキ代、用紙代等の必要分です。

銀行融資の場合はその金利等 全額です。



ちゅうさんはインターネットで株取引をやっております。その関 係で組み立

てパソコン新品5万円、年は違ってましたが液晶ディ スプレイ新品5万円は

各年でまるまる経費算入(減価償却資産は 10万円以上)光ファイバー接

続費用は全額経費算入しておりま す。インターネットで株取引をやるにはこ

の費用は不可欠です。 税務署に確認したらOKでした。 こういうように制服

が無理なら作業服はどうか、ほかに経費にな るものはないかと探すんです。

これは経費として算入できるかと税務署に電話をして聞くんです。 貸家業には、

丼は不必要ですよね。誰が考えても・・・・・^^


そして経理部任せのサラリーマンから、貸家経営者になっていく んです。

税務署に電話をして聞くのが怖い人は、私に聞いてください。む ずかしい

ことなら私が代わりに税務署に聞きます。^^





*収入印紙むだづかいしてませんか。





土地建物売買契約書には、売買金額に応じて収入印紙を貼ります。

建物賃貸借契約書には収入印紙不要です。 家賃通帳(12ヶ月分ぐ

らい家主の印鑑を押すようになってい る)400円です。

領収書はどうでしょう。売り上げ代金の金額に応じて必要です。

たとえば5万円以上100万円以下200円です。 これはあくまでも

営業に関するものです。

営業とは、営利を目的として、同種の行為を反復継続して行なう こと。

法律的に書くといつもこうです。むずかしくなるんです。

要するに営利でも一時的であればいいんです。同じことを繰り返 したら

営業になるんです。 だから皆さんが、たまたまヤフーのオークションで

品物を5万円 以上で売ったとします。領収書を出す場合は収入印紙不要です。

ところがこれを繰り返して商売にしている人がいます。この場合 は必要です。

自宅を売ったとします。これは反復継続していませんので代金の領収書には収

入印紙不要です。


収入印紙のむだづかいはやめまし ょう。 お金のあり余っている人は国に収入

印紙で寄付しましょう。^^





   印紙税について



めちゃやさしい不動産の基礎知識  不動産の税金ページ・トップ | お問合せ | LINK |