居住用建物の賃借権の承継−内縁関係は?

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識 こりゃどうなるコーナー

居住用建物の賃借権の承継−内縁関係は?

スポンサードリンク スポンサードリンク


居住用建物の賃借権の承継−内縁関係は?



居住用の建物の賃借権(建物を借りる権利)は、借主が死亡したときは、

どうなるでしょう。

その相続人が承継(引き継ぐ)することになっています。

相続人が1人もおらず借主が死亡した場合はどうなるでしょう。

その場合は、借主と事実上夫婦、養子、養親と同様の関係(内縁関係)

にあった同居者は、借主の権利義務を承継することになります。

内縁関係の同居者は、相続人なしに死亡したことを知ってから

1か月以内であれば貸主に承継しませんといえば、承継しなくてすみます。

承継する権利、義務の額を検討する必要があります。

預けいている保証金がある場合は承継した方がいいでしょう。

滞っている家賃等があり、それを差し引いたらマイナスになる場合は、相続人

なしに死亡したことを知ってから1か月以内であれば「貸主に承継しません」と

いえば負債を承継しなくてすみます。



めちゃやさしい不動産の基礎知識  居住用建物の賃借権の承継のページ・トップ | お問合せ | LIN|