囲繞地(いにょうち)通行権・民法不動産関係基礎知識

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
  めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
競 売 ドキュメント ・ 不 動 産 裁 判
めちゃやさしい不動産の基礎知識

*囲繞地(いにょうち)通行権(民法)

スポンサードリンク

*囲繞地(いにょうち)通行権(民法)




*囲繞地(いにょうち)通行権




・袋地(ふくろち)・・・・・他人の土地に囲まれて公道に通じて

いない土地を袋地といいます。


・囲繞地(いにょうち)・・・・・袋地を囲んでいる土地を囲繞地

といいます。



・袋地の所有者は、公道に出るために囲繞地を通行することができ

ます。これを囲繞地通行権といいます。(民法210−1)


・また池沼、河川、水路、海を通らなければ公道に出ることができ

ないときや、崖があって土地と公道とに著しい高低差があるときも、

袋地に準ずるものとして同様に取り扱われます。(民法210−

2)


・囲繞地通行権者(袋地所有者)に必要であり、囲繞地にとって損

害が最も少ない通行の場所、方法を選ばなければなりません。(民

法211−1)


・囲繞地通行権者(袋地所有者)は、必要があるときは、通路を開

設することができます。この場合囲繞地所有者の承諾を必要としま

せん。(民法211−2)


・囲繞地通行権者(袋地所有者)は、囲繞地所有者の土地の損害に

対して償金を支払わなければなりません。そして、1年ごとに償

金(通行料)を支払うことができる。(民法212)


・分割によって公道に通じない土地(袋地)が生じたときは、袋地

の所有者は、公道に至るため、他の分割者の所有地のみを通行する

ことができます。この場合には、償金を支払う必要がありません。

(民法213)


・上記の場合で、土地の所有者がその土地の一部を譲り渡したため

袋地となった場合にも同じことになります。(民法213)




(参考)


【民法】



(公道に至るための他の土地の通行権)

第二百十条  他の土地に囲まれて公道に通じない土地の所有者は、

公道に至るため、その土地を囲んでいる他の土地を通行することが

できる。

2  池沼、河川、水路若しくは海を通らなければ公道に至ることが

できないとき、又は崖があって土地と公道とに著しい高低差がある

ときも、前項と同様とする。



第二百十一条  前条の場合には、通行の場所及び方法は、同条の規

定による通行権を有する者のために必要であり、かつ、他の土地の

ために損害が最も少ないものを選ばなければならない。

2  前条の規定による通行権を有する者は、必要があるときは、通

路を開設することができる。



第二百十二条  第二百十条の規定による通行権を有する者は、その

通行する他の土地の損害に対して償金を支払わなければならない。

ただし、通路の開設のために生じた損害に対するものを除き、一年

ごとにその償金を支払うことができる。



第二百十三条  分割によって公道に通じない土地が生じたときは、

その土地の所有者は、公道に至るため、他の分割者の所有地のみを

通行することができる。この場合においては、償金を支払うことを

要しない。

2  前項の規定は、土地の所有者がその土地の一部を譲り渡した場

合について準用する。

      民法不動産関係基礎知識 続く

めちゃやさしい不動産の基礎知識トップに戻る  囲繞地(いにょうち)通行権(民法) ページトップ | お問合せ | LINK |