抵当権4・民法不動産関係基礎知識

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
  めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
競 売 ドキュメント ・ 不 動 産 裁 判
めちゃやさしい不動産の基礎知識

*抵当権(ていとうけん)4(民法)

スポンサードリンク

*抵当権(ていとうけん)4(民法)



*法定地上権 続き



・法定地上権の判例上の解釈



抵当権設定時、土地とその地上の建物が同一所有者に属しているこ

とが前提条件となります。その場合で下記の場合は、法定地上権が

成立するものとされています。


1 土地建物両方に抵当権が設定され、その後土地と建物が別人に

競売された場合。



2 土地建物があり、土地だけに抵当権が設定され、その後その建

物が火災等で滅失し、抵当権が実行される前に建物が再築された場

合。

3 建物だけに抵当権が設定されていて、抵当権実行前に土地だけ

が譲渡された場合。 

4 土地に対する抵当権設定当時、建物は存在したが、未登記だあ

った場合。

5 抵当権者が競売していないが、他の債権者が競売した場合。



・土地だけ、建物だけに抵当権が設定される例は非常に少ない。

通常は土地建物両方に設定される。

しかし、更地(建物の建っていない土地)に抵当権を設定したが、

その後建物が建てられた場合はどうなるでしょう。その建物に対し

当然法定地上権は成立しないとされています。

銀行などでは、住宅ローンで土地だけ設定し、建物は後からになる

ケースはあるが、当初から抵当権設定契約で建物も含めるように契

約しているし、書類も取っているので、土地だけ、建物だけという

ケースはありません。







(参考)


【抵当権の実行】

債務者が返済不能になり、債権者が、債権回収のため抵当権に基づ

き抵当物件を競売することになります。このことを抵当権の実行と

いいます。



【物権】


・民法で定める物権

所有権、用益物権、担保物権、占有権の4種です。


・民法で定める担保物権

留置権、先取特権、質権、抵当権の4種です。




【民法】



   第十章 抵当権

    第一節 総則

(抵当権の内容)

第三百六十九条  抵当権者は、債務者又は第三者が占有を移転しな

いで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先立って自

己の債権の弁済を受ける権利を有する。

2  地上権及び永小作権も、抵当権の目的とすることができる。こ

の場合においては、この章の規定を準用する。



(抵当権の効力の及ぶ範囲)

第三百七十条  抵当権は、抵当地の上に存する建物を除き、その目

的である不動産(以下「抵当不動産」という。)に付加して一体と

なっている物に及ぶ。ただし、設定行為に別段の定めがある場合及

び第四百二十四条の規定により債権者が債務者の行為を取り消すこ

とができる場合は、この限りでない。



第三百七十一条  抵当権は、その担保する債権について不履行があ

ったときは、その後に生じた抵当不動産の果実に及ぶ。



(留置権等の規定の準用)

第三百七十二条  第二百九十六条、第三百四条及び第三百五十一条

の規定は、抵当権について準用する。



    第二節 抵当権の効力

(抵当権の順位)

第三百七十三条  同一の不動産について数個の抵当権が設定された

ときは、その抵当権の順位は、登記の前後による。


(抵当権の順位の変更)

第三百七十四条  抵当権の順位は、各抵当権者の合意によって変更

することができる。ただし、利害関係を有する者があるときは、そ

の承諾を得なければならない。

2  前項の規定による順位の変更は、その登記をしなければ、その

効力を生じない。


(抵当権の被担保債権の範囲)

第三百七十五条  抵当権者は、利息その他の定期金を請求する権利

を有するときは、その満期となった最後の二年分についてのみ、そ

の抵当権を行使することができる。ただし、それ以前の定期金につ

いても、満期後に特別の登記をしたときは、その登記の時からその

抵当権を行使することを妨げない。

2  前項の規定は、抵当権者が債務の不履行によって生じた損害の

賠償を請求する権利を有する場合におけるその最後の二年分につい

ても適用する。ただし、利息その他の定期金と通算して二年分を超

えることができない。


(抵当権の処分)

第三百七十六条  抵当権者は、その抵当権を他の債権の担保とし、

又は同一の債務者に対する他の債権者の利益のためにその抵当権若

しくはその順位を譲渡し、若しくは放棄することができる。

2  前項の場合において、抵当権者が数人のためにその抵当権の処

分をしたときは、その処分の利益を受ける者の権利の順位は、抵当

権の登記にした付記の前後による。


(抵当権の処分の対抗要件)

第三百七十七条  前条の場合には、第四百六十七条の規定に従い、

主たる債務者に抵当権の処分を通知し、又は主たる債務者がこれを

承諾しなければ、これをもって主たる債務者、保証人、抵当権設定

者及びこれらの者の承継人に対抗することができない。

2  主たる債務者が前項の規定により通知を受け、又は承諾をした

ときは、抵当権の処分の利益を受ける者の承諾を得ないでした弁済

は、その受益者に対抗することができない。


(代価弁済)

第三百七十八条  抵当不動産について所有権又は地上権を買い受け

た第三者が、抵当権者の請求に応じてその抵当権者にその代価を弁

済したときは、抵当権は、その第三者のために消滅する。


(抵当権消滅請求)

第三百七十九条  抵当不動産の第三取得者は、第三百八十三条の定

めるところにより、抵当権消滅請求をすることができる。


第三百八十条  主たる債務者、保証人及びこれらの者の承継人は、

抵当権消滅請求をすることができない。


第三百八十一条  抵当不動産の停止条件付第三取得者は、その停止

条件の成否が未定である間は、抵当権消滅請求をすることができな

い。

(抵当権消滅請求の時期)

第三百八十二条  抵当不動産の第三取得者は、抵当権の実行として

の競売による差押えの効力が発生する前に、抵当権消滅請求をしな

ければならない。


(抵当権消滅請求の手続)

第三百八十三条  抵当不動産の第三取得者は、抵当権消滅請求をす

るときは、登記をした各債権者に対し、次に掲げる書面を送付しな

ければならない。

一  取得の原因及び年月日、譲渡人及び取得者の氏名及び住所並び

に抵当不動産の性質、所在及び代価その他取得者の負担を記載した

書面

二  抵当不動産に関する登記事項証明書(現に効力を有する登記事

項のすべてを証明したものに限る。)

三  債権者が二箇月以内に抵当権を実行して競売の申立てをしない

ときは、抵当不動産の第三取得者が第一号に規定する代価又は特に

指定した金額を債権の順位に従って弁済し又は供託すべき旨を記載

した書面


(債権者のみなし承諾)

第三百八十四条  次に掲げる場合には、前条各号に掲げる書面の送

付を受けた債権者は、抵当不動産の第三取得者が同条第三号に掲げ

る書面に記載したところにより提供した同号の代価又は金額を承諾

したものとみなす。

一  その債権者が前条各号に掲げる書面の送付を受けた後二箇月以

内に抵当権を実行して競売の申立てをしないとき。

二  その債権者が前号の申立てを取り下げたとき。

三  第一号の申立てを却下する旨の決定が確定したとき。

四  第一号の申立てに基づく競売の手続を取り消す旨の決定(民事

執行法第百八十八条 において準用する同法第六十三条第三項 若し

くは第六十八条の三第三項 の規定又は同法第百八十三条第一項第五

号 の謄本が提出された場合における同条第二項 の規定による決定

を除く。)が確定したとき。


(競売の申立ての通知)

第三百八十五条  第三百八十三条各号に掲げる書面の送付を受けた

債権者は、前条第一号の申立てをするときは、同号の期間内に、債

務者及び抵当不動産の譲渡人にその旨を通知しなければならない。


(抵当権消滅請求の効果)

第三百八十六条  登記をしたすべての債権者が抵当不動産の第三取

得者の提供した代価又は金額を承諾し、かつ、抵当不動産の第三取

得者がその承諾を得た代価又は金額を払い渡し又は供託したときは、

抵当権は、消滅する。


(抵当権者の同意の登記がある場合の賃貸借の対抗力)

第三百八十七条  登記をした賃貸借は、その登記前に登記をした抵

当権を有するすべての者が同意をし、かつ、その同意の登記がある

ときは、その同意をした抵当権者に対抗することができる。

2  抵当権者が前項の同意をするには、その抵当権を目的とする権

利を有する者その他抵当権者の同意によって不利益を受けるべき者

の承諾を得なければならない。


(法定地上権)

第三百八十八条  土地及びその上に存する建物が同一の所有者に属

する場合において、その土地又は建物につき抵当権が設定され、そ

の実行により所有者を異にするに至ったときは、その建物について、

地上権が設定されたものとみなす。この場合において、地代は、当

事者の請求により、裁判所が定める。


(抵当地の上の建物の競売)

第三百八十九条  抵当権の設定後に抵当地に建物が築造されたとき

は、抵当権者は、土地とともにその建物を競売することができる。

ただし、その優先権は、土地の代価についてのみ行使することがで

きる。

2  前項の規定は、その建物の所有者が抵当地を占有するについて

抵当権者に対抗することができる権利を有する場合には、適用しな

い。


(抵当不動産の第三取得者による買受け)

第三百九十条  抵当不動産の第三取得者は、その競売において買受

人となることができる。


(抵当不動産の第三取得者による費用の償還請求)

第三百九十一条  抵当不動産の第三取得者は、抵当不動産について

必要費又は有益費を支出したときは、第百九十六条の区別に従い、

抵当不動産の代価から、他の債権者より先にその償還を受けること

ができる。


(共同抵当における代価の配当)

第三百九十二条  債権者が同一の債権の担保として数個の不動産に

つき抵当権を有する場合において、同時にその代価を配当すべきと

きは、その各不動産の価額に応じて、その債権の負担を按分する。

2  債権者が同一の債権の担保として数個の不動産につき抵当権を

有する場合において、ある不動産の代価のみを配当すべきときは、

抵当権者は、その代価から債権の全部の弁済を受けることができる。

この場合において、次順位の抵当権者は、その弁済を受ける抵当権

者が前項の規定に従い他の不動産の代価から弁済を受けるべき金額

を限度として、その抵当権者に代位して抵当権を行使することがで

きる。


(共同抵当における代位の付記登記)

第三百九十三条  前条第二項後段の規定により代位によって抵当権

を行使する者は、その抵当権の登記にその代位を付記することがで

きる。


(抵当不動産以外の財産からの弁済)

第三百九十四条  抵当権者は、抵当不動産の代価から弁済を受けな

い債権の部分についてのみ、他の財産から弁済を受けることができ

る。

2  前項の規定は、抵当不動産の代価に先立って他の財産の代価を

配当すべき場合には、適用しない。この場合において、他の各債権

者は、抵当権者に同項の規定による弁済を受けさせるため、抵当権

者に配当すべき金額の供託を請求することができる。


(抵当建物使用者の引渡しの猶予)

第三百九十五条  抵当権者に対抗することができない賃貸借により

抵当権の目的である建物の使用又は収益をする者であって次に掲げ

るもの(次項において「抵当建物使用者」という。)は、その建物

の競売における買受人の買受けの時から六箇月を経過するまでは、

その建物を買受人に引き渡すことを要しない。

一  競売手続の開始前から使用又は収益をする者

二  強制管理又は担保不動産収益執行の管理人が競売手続の開始後

にした賃貸借により使用又は収益をする者

2  前項の規定は、買受人の買受けの時より後に同項の建物の使用

をしたことの対価について、買受人が抵当建物使用者に対し相当の

期間を定めてその一箇月分以上の支払の催告をし、その相当の期間

内に履行がない場合には、適用しない。



    第三節 抵当権の消滅

(抵当権の消滅時効)

第三百九十六条  抵当権は、債務者及び抵当権設定者に対しては、

その担保する債権と同時でなければ、時効によって消滅しない。


(抵当不動産の時効取得による抵当権の消滅)

第三百九十七条  債務者又は抵当権設定者でない者が抵当不動産に

ついて取得時効に必要な要件を具備する占有をしたときは、抵当権

は、これによって消滅する。


(抵当権の目的である地上権等の放棄)

第三百九十八条  地上権又は永小作権を抵当権の目的とした地上権

者又は永小作人は、その権利を放棄しても、これをもって抵当権者

に対抗することができない。


    以下省略









(参考)


【抵当権の実行】

債務者が返済不能になり、債権者が、債権回収のため抵当権に基づ

き抵当物件を競売することになります。このことを抵当権の実行と

いいます。



【物権】


・民法で定める物権

所有権、用益物権、担保物権、占有権の4種です。


・民法で定める担保物権

留置権、先取特権、質権、抵当権の4種です。




【民法】



   第十章 抵当権

    第一節 総則

(抵当権の内容)

第三百六十九条  抵当権者は、債務者又は第三者が占有を移転しな

いで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先立って自

己の債権の弁済を受ける権利を有する。

2  地上権及び永小作権も、抵当権の目的とすることができる。こ

の場合においては、この章の規定を準用する。



(抵当権の効力の及ぶ範囲)

第三百七十条  抵当権は、抵当地の上に存する建物を除き、その目

的である不動産(以下「抵当不動産」という。)に付加して一体と

なっている物に及ぶ。ただし、設定行為に別段の定めがある場合及

び第四百二十四条の規定により債権者が債務者の行為を取り消すこ

とができる場合は、この限りでない。



第三百七十一条  抵当権は、その担保する債権について不履行があ

ったときは、その後に生じた抵当不動産の果実に及ぶ。



(留置権等の規定の準用)

第三百七十二条  第二百九十六条、第三百四条及び第三百五十一条

の規定は、抵当権について準用する。



    第二節 抵当権の効力

(抵当権の順位)

第三百七十三条  同一の不動産について数個の抵当権が設定された

ときは、その抵当権の順位は、登記の前後による。


(抵当権の順位の変更)

第三百七十四条  抵当権の順位は、各抵当権者の合意によって変更

することができる。ただし、利害関係を有する者があるときは、そ

の承諾を得なければならない。

2  前項の規定による順位の変更は、その登記をしなければ、その

効力を生じない。


(抵当権の被担保債権の範囲)

第三百七十五条  抵当権者は、利息その他の定期金を請求する権利

を有するときは、その満期となった最後の二年分についてのみ、そ

の抵当権を行使することができる。ただし、それ以前の定期金につ

いても、満期後に特別の登記をしたときは、その登記の時からその

抵当権を行使することを妨げない。

2  前項の規定は、抵当権者が債務の不履行によって生じた損害の

賠償を請求する権利を有する場合におけるその最後の二年分につい

ても適用する。ただし、利息その他の定期金と通算して二年分を超

えることができない。


(抵当権の処分)

第三百七十六条  抵当権者は、その抵当権を他の債権の担保とし、

又は同一の債務者に対する他の債権者の利益のためにその抵当権若

しくはその順位を譲渡し、若しくは放棄することができる。

2  前項の場合において、抵当権者が数人のためにその抵当権の処

分をしたときは、その処分の利益を受ける者の権利の順位は、抵当

権の登記にした付記の前後による。


(抵当権の処分の対抗要件)

第三百七十七条  前条の場合には、第四百六十七条の規定に従い、

主たる債務者に抵当権の処分を通知し、又は主たる債務者がこれを

承諾しなければ、これをもって主たる債務者、保証人、抵当権設定

者及びこれらの者の承継人に対抗することができない。

2  主たる債務者が前項の規定により通知を受け、又は承諾をした

ときは、抵当権の処分の利益を受ける者の承諾を得ないでした弁済

は、その受益者に対抗することができない。


(代価弁済)

第三百七十八条  抵当不動産について所有権又は地上権を買い受け

た第三者が、抵当権者の請求に応じてその抵当権者にその代価を弁

済したときは、抵当権は、その第三者のために消滅する。


(抵当権消滅請求)

第三百七十九条  抵当不動産の第三取得者は、第三百八十三条の定

めるところにより、抵当権消滅請求をすることができる。


第三百八十条  主たる債務者、保証人及びこれらの者の承継人は、

抵当権消滅請求をすることができない。


第三百八十一条  抵当不動産の停止条件付第三取得者は、その停止

条件の成否が未定である間は、抵当権消滅請求をすることができな

い。

(抵当権消滅請求の時期)

第三百八十二条  抵当不動産の第三取得者は、抵当権の実行として

の競売による差押えの効力が発生する前に、抵当権消滅請求をしな

ければならない。


(抵当権消滅請求の手続)

第三百八十三条  抵当不動産の第三取得者は、抵当権消滅請求をす

るときは、登記をした各債権者に対し、次に掲げる書面を送付しな

ければならない。

一  取得の原因及び年月日、譲渡人及び取得者の氏名及び住所並び

に抵当不動産の性質、所在及び代価その他取得者の負担を記載した

書面

二  抵当不動産に関する登記事項証明書(現に効力を有する登記事

項のすべてを証明したものに限る。)

三  債権者が二箇月以内に抵当権を実行して競売の申立てをしない

ときは、抵当不動産の第三取得者が第一号に規定する代価又は特に

指定した金額を債権の順位に従って弁済し又は供託すべき旨を記載

した書面


(債権者のみなし承諾)

第三百八十四条  次に掲げる場合には、前条各号に掲げる書面の送

付を受けた債権者は、抵当不動産の第三取得者が同条第三号に掲げ

る書面に記載したところにより提供した同号の代価又は金額を承諾

したものとみなす。

一  その債権者が前条各号に掲げる書面の送付を受けた後二箇月以

内に抵当権を実行して競売の申立てをしないとき。

二  その債権者が前号の申立てを取り下げたとき。

三  第一号の申立てを却下する旨の決定が確定したとき。

四  第一号の申立てに基づく競売の手続を取り消す旨の決定(民事

執行法第百八十八条 において準用する同法第六十三条第三項 若し

くは第六十八条の三第三項 の規定又は同法第百八十三条第一項第五

号 の謄本が提出された場合における同条第二項 の規定による決定

を除く。)が確定したとき。


(競売の申立ての通知)

第三百八十五条  第三百八十三条各号に掲げる書面の送付を受けた

債権者は、前条第一号の申立てをするときは、同号の期間内に、債

務者及び抵当不動産の譲渡人にその旨を通知しなければならない。


(抵当権消滅請求の効果)

第三百八十六条  登記をしたすべての債権者が抵当不動産の第三取

得者の提供した代価又は金額を承諾し、かつ、抵当不動産の第三取

得者がその承諾を得た代価又は金額を払い渡し又は供託したときは、

抵当権は、消滅する。


(抵当権者の同意の登記がある場合の賃貸借の対抗力)

第三百八十七条  登記をした賃貸借は、その登記前に登記をした抵

当権を有するすべての者が同意をし、かつ、その同意の登記がある

ときは、その同意をした抵当権者に対抗することができる。

2  抵当権者が前項の同意をするには、その抵当権を目的とする権

利を有する者その他抵当権者の同意によって不利益を受けるべき者

の承諾を得なければならない。


(法定地上権)

第三百八十八条  土地及びその上に存する建物が同一の所有者に属

する場合において、その土地又は建物につき抵当権が設定され、そ

の実行により所有者を異にするに至ったときは、その建物について、

地上権が設定されたものとみなす。この場合において、地代は、当

事者の請求により、裁判所が定める。


(抵当地の上の建物の競売)

第三百八十九条  抵当権の設定後に抵当地に建物が築造されたとき

は、抵当権者は、土地とともにその建物を競売することができる。

ただし、その優先権は、土地の代価についてのみ行使することがで

きる。

2  前項の規定は、その建物の所有者が抵当地を占有するについて

抵当権者に対抗することができる権利を有する場合には、適用しな

い。


(抵当不動産の第三取得者による買受け)

第三百九十条  抵当不動産の第三取得者は、その競売において買受

人となることができる。


(抵当不動産の第三取得者による費用の償還請求)

第三百九十一条  抵当不動産の第三取得者は、抵当不動産について

必要費又は有益費を支出したときは、第百九十六条の区別に従い、

抵当不動産の代価から、他の債権者より先にその償還を受けること

ができる。


(共同抵当における代価の配当)

第三百九十二条  債権者が同一の債権の担保として数個の不動産に

つき抵当権を有する場合において、同時にその代価を配当すべきと

きは、その各不動産の価額に応じて、その債権の負担を按分する。

2  債権者が同一の債権の担保として数個の不動産につき抵当権を

有する場合において、ある不動産の代価のみを配当すべきときは、

抵当権者は、その代価から債権の全部の弁済を受けることができる。

この場合において、次順位の抵当権者は、その弁済を受ける抵当権

者が前項の規定に従い他の不動産の代価から弁済を受けるべき金額

を限度として、その抵当権者に代位して抵当権を行使することがで

きる。


(共同抵当における代位の付記登記)

第三百九十三条  前条第二項後段の規定により代位によって抵当権

を行使する者は、その抵当権の登記にその代位を付記することがで

きる。


(抵当不動産以外の財産からの弁済)

第三百九十四条  抵当権者は、抵当不動産の代価から弁済を受けな

い債権の部分についてのみ、他の財産から弁済を受けることができ

る。

2  前項の規定は、抵当不動産の代価に先立って他の財産の代価を

配当すべき場合には、適用しない。この場合において、他の各債権

者は、抵当権者に同項の規定による弁済を受けさせるため、抵当権

者に配当すべき金額の供託を請求することができる。


(抵当建物使用者の引渡しの猶予)

第三百九十五条  抵当権者に対抗することができない賃貸借により

抵当権の目的である建物の使用又は収益をする者であって次に掲げ

るもの(次項において「抵当建物使用者」という。)は、その建物

の競売における買受人の買受けの時から六箇月を経過するまでは、

その建物を買受人に引き渡すことを要しない。

一  競売手続の開始前から使用又は収益をする者

二  強制管理又は担保不動産収益執行の管理人が競売手続の開始後

にした賃貸借により使用又は収益をする者

2  前項の規定は、買受人の買受けの時より後に同項の建物の使用

をしたことの対価について、買受人が抵当建物使用者に対し相当の

期間を定めてその一箇月分以上の支払の催告をし、その相当の期間

内に履行がない場合には、適用しない。



    第三節 抵当権の消滅

(抵当権の消滅時効)

第三百九十六条  抵当権は、債務者及び抵当権設定者に対しては、

その担保する債権と同時でなければ、時効によって消滅しない。


(抵当不動産の時効取得による抵当権の消滅)

第三百九十七条  債務者又は抵当権設定者でない者が抵当不動産に

ついて取得時効に必要な要件を具備する占有をしたときは、抵当権

は、これによって消滅する。


(抵当権の目的である地上権等の放棄)

第三百九十八条  地上権又は永小作権を抵当権の目的とした地上権

者又は永小作人は、その権利を放棄しても、これをもって抵当権者

に対抗することができない。


    以下省略


      民法不動産関係基礎知識 続く

めちゃやさしい不動産の基礎知識トップに戻る  抵当権4(民法) ページトップ | お問合せ | LINK |