不動産の基礎知識 競売ドキュメント競売参加14
めちゃやさしい不動産の基礎知識
応用編
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る
*競売ドキュメント 俺は務所帰りや。お前か! この家を落札したのは?14
スポンサードリンク スポンサードリンク

*競売ドキュメント 俺は務所帰りや。お前か! この家を落札したのは?14



「所有権移転」


競売物件の買受人となった山田宅に、裁判所書記官から代金納付期限通知書がきた。

「別紙物件目録記載の不動産について、あなたに対する売却許可決定が確定し、代金納付期限が平

成○○年○月○日午後2時と定められたので通知します。なおあなたが納付すべき代金の残額は次

のとおりです。金○○○○円」という内容のものであった。


山田は、裁判所からもらった振込依頼書で、銀行から裁判所の預金口座あてに残額代金を振り込み、

金融機関の領収印のある「保管金受入手続添付書・裁判所提出用」と「依頼人保管用」を受け取る。

代金納付期限通知書に同封されていた「保管金提出書」と上記「保管金受入手続添付書・裁判所提出

用」を裁判所の出納課保管金係に提出し、出納課保管金係から「保管金受領証書」を受け取る。


あらかじめ、所有権移転登記をするから書類等をそろえておくようにとのことで山田は、住民票、印鑑(入

札書に押した印鑑)、買い受けた不動産の最新の登記簿謄本、同不動産の固定資産評価証明書を準

備、登録免許税(前もって裁判所で計算してくれる。裁判所の売店でも登録免許税としての収入印紙を

売っている場合が多い)郵便切手(裁判所で計算してくれる)は裁判所の売店で購入する。


山田は、「保管金受領証書」と所有権移転登記関係書類を裁判所の民事部不動産競売係へ持参する。

ついに手続完了である。裁判所書記官が差押登記抹消、抵当権抹消、所有権移転登記をやってくれる。

これだけは裁判所のスペシャルサービスである。山田は感謝していた。これ民間で、司法書士に依頼す

ればかなりかかるのである。


山田は、前の家主と借家人が取り交わした賃貸借契約書がどんなものか知らなかった。競売の3点セット

にもなかった。借家人に会うためには必要である。担当の書記官にそのことを話すと、書記官が教えてく

れた。

裁判所の横にある弁護士会館に行って、弁護士協同組合に、事件のすべての書類のコピーを頼めばや

ってくれるとのことであった。


山田は依頼した。でき上がったら郵送してくれるとのことで、かなり低廉でやってくれた。


あとは裁判所から送ってくれる所有権移転登記(権利証)等の登記済待ちである。

ついに競売物件が自分の所有になったのである。

(競売ドキュメント競売参加15に続く)
   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   不動産の基礎知識 競売ドキュメント競売参加14のページトップ |LINK |