不動産の基礎知識 競売ドキュメント競売参加7
めちゃやさしい不動産の基礎知識
応用編
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る
*競売ドキュメント 俺は務所帰りや。お前か! この家を落札したのは?7
スポンサードリンク スポンサードリンク

*競売ドキュメント 俺は務所帰りや。お前か! この家を落札したのは?7



「法務局調査」

現況調査報告書に添付されている公図(土地台帳付属地図)地積測量図、建物図面各階平面図が法務局に

備え付けられているものと変わりないかの確認である。

それと登記簿謄本も確認しておくこと。このときに競売物件の周囲の登記簿も閲覧し、所有者をメモしておく。

これが公図ではなく、14条地図(旧法17条地図、国土調査されて地図が備え付けられている)であるときもあ

るし、14条地図にはならなかったが、それに準ずる地図もある。

昭和40年ごろ以降に分筆された土地なら地積測量図が法務局に備え付けられている。それ以前の場合は分

筆申告書として保管されている場合があるからそれらを閲覧調査しておく。

 
「市町村役場調査」

競売物件の前面道路は位置指定道路と書いてあるが、間違いないか。建築基準法上の道路に間違いないか。

単なる専用通路ではないか。都市計画用途地域、その他制限はないか。等市町村役場建築指導課、都市計

画課で教えてもらう。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

解説

競売物件の法務局関係の調査は専門家が調査しているようである。最低の調査資料は整っている。だからと

いってその確認に手を抜いてはダメ。

公図、地積測量図−−−−−道路と競売物件との間に第三者の土地はないか? 道路に地番がついている

場合はその登記簿も閲覧しておくこと。

競売で落札しても道路と競売物件との間に第三者の土地があればどうしようもない。

裁判所が調査ミスだといっても、不動産業者の重要事項説明書とは違って、いっさい責任を取らない。

裁判所相手に訴訟しても、向こうは裁判では超専門家である。勝てる可能性はほとんどないのである。

市町村役場調査。これもミスがあれば裁判所は逃げます。こんな調査はそちらでしっかりやればいい。便宜上

やっているに過ぎないというだろう。

要するに、自分の買うべき競売物件は自分が責任をもって調査すべきである。他人任せではだめ。他人がそこ

までしっかり調査はしないだろうと、考えれば、腹も立ちません。(笑)
                                     (競売ドキュメント競売参加8に続く)
 めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   不動産の基礎知識 競売ドキュメント競売参加7のページトップ  |LINK |