住宅ローン入門シリーズ

めちゃやさしい不動産の基礎知識
応用編
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

*住宅ローンの種類・民間ローン

スポンサードリンク スポンサードリンク

*住宅ローンの種類・民間ローン



・フラット35

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間金融機関とが提携して融資する長期固定金利のローンです。


・銀行ローン

短期プライムレート連動の変動金利型が主流。一定期間固定の固定金利選択型等。金利は自由化されているがほぼ横並びの感じである。
公的融資にくらべれば窓口は多い。融資条件が比較的少なく借りやすい。


・生保ローン

生命保険料収入を基本としているので長期固定金利型が借りやすい。提携ローンの形式が多い。


・ノンバンク・ローン

クレジット、信販会社等のローン。金利は上記より高いが、頭金が少なくて借りられる。購入額の90%くらいまで借りられるケースが多い。


・勤務先会社内融資


総体的に金利が安い。長期で借りた場合、会社に縛られている感じはするが、そこは割り切って考える必要がある。


・親からの借金

税務署から、親からの贈与があったのではないかと見られやすい。
借用証書などを作成して、返済も銀行振込み等で返済する形をとればいい。金利も住宅ローンより少し低くてもいいが、低すぎると贈与とみなされるので要注意です。


住宅ローン・入門シリーズ続く

   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る *住宅ローンの種類・民間ローンのページトップ |LINK |