住宅ローン入門シリーズ

めちゃやさしい不動産の基礎知識応用編
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

*住宅ローン・戦国時代

スポンサードリンク スポンサードリンク

*住宅ローン・戦国時代



民間金融機関の低金利住宅ローンがどんどん開発され、メガバンクが住宅ローン争奪に参入するなど、まさに住宅ローンは戦国時代に突入、借りる側にとってはこの上もない絶好のチャンスとなっています。

不動産業者の提携ローンに頼らず、独自でメガバンクでも臆せずアタックし、だめで元々、少しでも低金利のローンを利用することが、借りる側の今とるべき行動ではないでしょうか。

また住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資を最優先にすることによって、ゆとりのあるライフプランを立てることができます。



・独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)


そんな状況下、住宅金融公庫離れも進み、政府は公庫の改革に着手、平成19年4月1日から公庫は「独立行政法人住宅金融支援機構」となりました。

住宅金融支援機構は、公庫ローンに変わる長期固定・低金利ローンとし新型ローン「フラット35」を出しました。


フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して実現し
た「長期固定金利」の住宅ローンです。

一般的に、住宅ローンの借入は借入金額も大きく、20年、30年という長期にわたります。もし、ご返済中に金利が上昇し、返済額が増加するようなことがあれば、ライフプランに大きな影響が出てきます。

フラット35なら、借入時に毎回の返済額が確定するので、計画的に返済でき、安心です


最長35年の長期固定金利

「フラット35」は最長35年の全期間固定金利です。返済途中で金利が変わりません。


保証料0円、繰上返済手数料0円

通常の住宅ローンで必要となる保証料、返済中に繰上返済を行う際も、手数料は不要です。


住宅金融支援機構の技術基準で、住宅の質確保

フラット35住宅は、住宅金融支援機構において独自の技術基準を定め、建物検査を受けることになり、あわせて建築基準法に基づく検査済証の交付を受けることになり、住宅の質が確保できます。


返済中も安心サポート

多様な返済方法変更、また、万一のことがあった場合に備えて、機構団信制度(機構団体信用生命保険、3大疾病保障付機構団体信用生命保険、保険の特約料は、借主負担)もあります。


・その他
フラット35は、全期間同じ金利タイプのものの他に、返済期間が10年経過した時点で金利が変更される「段階金利」の固定金利型もあります。


【フラット50】
償還期間を最長50年間とする【フラット50】の取扱いも開始されています。
長期優良住宅の認定を受けた住宅については、償還期間の上限を50年間とするというものです。

  詳しいことは住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)
  のサイトをご覧ください。↓
        http://www.jyukou.go.jp/


住宅ローン・入門シリーズ続く
   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る *住宅ローン・戦国時代のページトップ |LINK |