競売ドキュメント・不動産裁判

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
競売ドキュメント・不動産裁判
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る 競売ドキュメント・不動産裁判1 まえがきに戻る

競売ドキュメント・不動産裁判 2 兵糧攻めの作戦か?

スポンサードリンク スポンサードリンク

競売ドキュメント・不動産裁判 2 兵糧攻めの作戦か?




*兵糧攻めの作戦か?


不動産競落時の前家主との賃貸借契約書は、平成16年3月

31日までに締結された短期賃貸借(2年契約)で、それか

ら更新されている。


となると、期間が3年以内の建物賃貸借による入居者は、競

売開始前の賃貸借契約(競売開始前の更新を含む。)による

賃借期間が、競落人の代金納付(所有権移転)の時点でまだ

残っている場合には、競落後も賃借人として保護されるとい

う制度が適用になります。


どう保護されるのかいうと、

・不動産競売による家主の交代後も、残りの賃借期間は居住

できます。

・新しい家主に対し敷金(保証金)返還を請求することがで

きます。
 

      この辺の詳しい説明は下記を参考にしてください。

      競売ドキュメント・俺は務所帰りや 21完


前家主との間の賃貸借契約の残りの賃貸借期間が到来するに

先立ち、山田は悩んだ。 


以前に脅されたこともあり、この際、引渡命令の申立をして

出て行ってもらうのがいいか。いやしかし簡単には出て行か

ないだろう。そうなると強制執行だ。面倒になる。この辺の

手続き等よく分らない。


家賃を滞納なく支払っているし、脅されたけど、その後はお

となしいし、まあいいかということで、新たに賃貸借契約を

結んだ。

建物が古いので様子を見る必要から2年の定期賃貸借契約に  

した。家賃も希望どおり7万円から6万5千円に引き下げた。


     *定期賃貸借契約については ↓
      定期賃貸借契約


そして2年の定期賃貸借契約の期限が来た。建物は危険では

なく、使用に耐えると判断、新たに2年の定期賃貸借契約を

結んだ。数か月を過ぎたころ突然家賃の不払いが始まった。


山田は、家賃支払の督促の内容証明を出した。なしのつぶて

である。

山田は、銀行融資で買ったので銀行返済をする必要があるの

で、家賃の延滞をしないように言っていたことがあった。


家賃を支払わないことで兵糧攻めの作戦に出てきたのか。そ

のことで山田を困らせ、音を上げるところを見計らって、二

束三文で「買ってやってもいいぜ」と言う策略なのか。

(続く)




 競売ドキュメント・不動産裁判 続きはこちら


   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   競売ドキュメント・不動産裁判 ページトップ |LINK |