競売ドキュメント・不動産裁判

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
競売ドキュメント・不動産裁判
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る 競売ドキュメント・不動産裁判1 まえがき に戻る

競売ドキュメント・不動産裁判 6 訴状の様式

スポンサードリンク スポンサードリンク

競売ドキュメント・不動産裁判 6 訴状の様式




*訴状の様式(答弁書、準備書面、その他の書面に共通)




・用紙                  A4判(縦297mm、横210mm)

・余白                  左余白 30mm

                      右余白 20mm

                     上余白 35mm

                     下余白 30mm

・通常の文字の大きさ        12.0 ポイント   

・1行の文字数             37字

・1ページの行数            26行

・ページ数               下余白に記載する。
                      ページ数を記載しない場合はページ と
                      ページ間に契印(割り印)が必要 になる。




・訴えを提起する場合には、訴状を裁判所に提出しなければなり

ません。訴状、その他の書類は上記の様式に従って作成すること

になります。


・簡易裁判所に対する訴えの提起は口頭でもできることになって

います。しかし実務上口頭による訴えの提起はほとんどありませ

ん。





【参考】

「民事訴訟法」




(訴え提起の方式)

第百三十三条  訴えの提起は、訴状を裁判所に提出してしなけ

ればならない。

2  訴状には、次に掲げる事項を記載しなければならない。

一  当事者及び法定代理人

二  請求の趣旨及び原因






「第八章 簡易裁判所の訴訟手続に関する特則」

(手続の特色)

第二百七十条  簡易裁判所においては、簡易な手続により迅速

に紛争を解決するものとする。

(口頭による訴えの提起)

第二百七十一条  訴えは、口頭で提起することができる。



(続く)



 競売ドキュメント・不動産裁判 続きはこちら


   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   競売ドキュメント・不動産裁判 ページトップ |LINK |