競売ドキュメント・不動産裁判

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
競売ドキュメント・不動産裁判
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る 競売ドキュメント・不動産裁判1 まえがき に戻る

競売ドキュメント・不動産裁判 8 訴額算定、付帯請求とは?

スポンサードリンク スポンサードリンク

競売ドキュメント・不動産裁判 8 訴額算定、付帯請求とは?




*訴額算定、付帯請求とは?




*訴額(訴訟物の価格)・・・・・建物明渡請求訴訟の場合は、

主たる請求の目的の価格、つまり建物の価格のみを基準として訴

額を算定することになります。(固定資産税評価額の2分の1)

未払い賃料や賃料相当の損害金をあわせて請求する場合は、付帯

請求であり、果実、損害賠償として訴額には算入しません。(民

事訴訟法第9条2項)



(参考)

【民事訴訟法】

(併合請求の場合の価額の算定)

第九条  一の訴えで数個の請求をする場合には、その価額を合

算したものを訴訟の目的の価額とする。ただし、その訴えで主張

する利益が各請求について共通である場合におけるその各請求に

ついては、この限りでない。

2  果実、損害賠償、違約金又は費用の請求が訴訟の附帯の目

的であるときは、その価額は、訴訟の目的の価額に算入しない。



山田の場合、建物の訴額としては140万円以下であった。未払

い賃料や賃料相当の損害金を加算すると140万円は超えてしま

うものでありましたが、家賃は果実として付帯請求となり、訴額

に算入しないということで、訴額は140万円以下でした。


したがって地方裁判所、簡易裁判所、どちらでもいいことになり

ました。山田は近い方を選び、簡易裁判所に訴状を提出すること

にしました。もちろん、訴状より先に、占有移転禁止仮処分命令

申立書を簡易裁判所に提出です。




(参考)

【果実】・・・・・柿の木に柿の実がなります。これを天然果実

と言います。賃貸建物を貸している場合、家賃が入ります。建物

から収益が生ずるので、これを法定果実と言います。


法律で果実という場合は、天然の果実ではありません。法律はむ

ずかしくて、ややこしいのに、果実と書くからよけいにややこし

くなります。(笑)



(続く)

 競売ドキュメント・不動産裁判 続きはこちら


   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   競売ドキュメント・不動産裁判 ページトップ |LINK |