法律用語の基礎の基礎・民法不動産関係基礎知識

めちゃやさしい不動産の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識

法律用語の基礎の基礎・民法不動産関係基礎知識

スポンサードリンク


法律用語の基礎の基礎を頭にいれればミニ法律家 ^^




最低これだけでも頭にいれて法律を読むと、法律が非常にわかりや

すくなります。

これを覚えれば、あなたは、これを知らない人に比べミニ法律家で

す。^^

何が何でも覚えましょう。あなたの一生の宝物です。





*法律の条文をあまり見たことのない方へ


でき得る限り、文章の後に数字を入れておきます。第何条というこ

とです。そして末尾に参考条文を掲載しておきます。


必ず参考条文を見てください。その繰り返しで何となく理解できる

気がしてきます。それでいいんです。一緒にやりましょう。


余談になりますが、親がなくなったとき、それまで1回もあげたこ

とのなかったお経を毎日あげたことがあります。20分くらいのお

経です。覚えるつもりのないお経、意味のわからないお経、それが

どうでしょう。お経の本を見なくても全部あげられるようになった

のです。まさに「門前の小僧習わぬ経を読む」です。^^


ある資格試験受験時に、このことを応用してみました。ある法律に

関して条文は100条くらいありました。これに関して一切参考書

を使用しないで毎日読みました。「門前の小僧習わぬ経を読む」式

で条文を読みました。お経と同じく条文を覚えました。

まさにキョウテンでした。^^  このオチわかりました?



*****************************



*以上・・・もって上がる。1000円以上・・1000円を含む。

*超える・・1000円を超える・・1000円を含まない。

*以下・・・もって下がる。1000円以下・・1000円を含む。 
*未満・・・1000円未満・・1000円を含まない。                    




*及び・・・・・・同階層、同種類に使う。A、B、C及びD

*並びに・・・・・別階層、別種類に使う。A並びにア

*及び、並びに・・A、B、C及びD 並びに ア




*かつ・・・・・・条件が2つあり、両方を充足しなければならない場合に使います。
         例、AかつBのときに有効。
         AかつBであるときには、有効。
         AとB両方を充足することが条件です。




*または・・・同階層、同種類に使う。A、B、CまたはD

*または、もしくは

    ・・・同階層、同種類には「もしくは」を使う。

    ・・・別階層、別種類のときは「または」を使う。
     
       (及び、並びとは違うので注意)

       A、BもしくはC または ア、イもしくはウ




*場合、とき・・・通常同じですが、重なったときは大きい条件に

         は「場合」、小さい条件には「とき」を使う。

         何なにの違反があった場合、故意のとき は何

         なに、過失のときは何なに。




*署名、記名・・・署名・・自分の氏名を自分が書くこと。

         記名・・タイプで自分の氏名を打ったり、自 

             分の氏名のゴム印を押す等

*解約、解除・・・解約・・解約時以後効力を失う。

         解除・・当初に遡って効力を失う。




*推定する・・・一応こういう取り扱いをする−法律上一応の仮定

        に過ぎないから反証(反対の証拠)を出せば、そ

        れを覆すことができる。

*みなす・・・・性質が違っていても、ある一定の法律関係につい        
        て同一視する。反証(反対の証拠)を出しても覆

        らない。




*此限に在らす・・・この限りにあらず。この規則、制限に含まれ

            ない。




*適用する・・・法令の規定を当てはめる。




*準用する・・・ある法令の規定を、若干の修正を予知しながらあ        

        てはめること。




*善意・・・・・ある事情を知らないこと。

        法律には「善意の第三者」というふうに出てきま

        す。


*悪意・・・・・ある事情を知っていること。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


◎停止条件、解除条件は少しややこしいです。私もいまだに勘違い

するときがあります。^^



*停止条件・・・成就するまで法律行為の効力の発生を停止する条

        件。成就したら法律行為の効力が発生する。


        満点をとればお小遣いをあげる。


        貸金の返済がなければ、借主の不動産の所有権を

        貸主に移転する。



*解除条件・・・成就することによって、すでに生じた法律行

        為の効力を消滅させる条件のことをいう。
 
        成就したときから法律行為の効力がなくなる。


        落第点をとればお小遣いはやめる。


        賃貸借契約書 

        第○条 乙が次の各号の一に該当したときは、甲

        は本契約を解除することができる。・・・・・

        

遡及して効力を発生、消滅させると特約すればそれに従う。無特約

であれば遡及しない。 



(参考)


【民法】
    第五節 条件及び期限

(条件が成就した場合の効果)

第百二十七条  停止条件付法律行為は、停止条件が成就した時か

らその効力を生ずる。

2  解除条件付法律行為は、解除条件が成就した時からその効力

を失う。

3  当事者が条件が成就した場合の効果をその成就した時以前に

さかのぼらせる意思を表示したときは、その意思に従う。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


     民法不動産関係基礎知識 続く




****************************


スポンサードリンク
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る 法律用語の基礎の基礎ページトップ | お問合せ | LINK |