やさしい不動産投資(収益物件)の基礎知識については
このサイト【めちゃやさしい不動産の基礎知識】【めちゃやさしい不動産投資(収益物件)の基礎知識】でご覧ください。

めちゃやさしい不動産投資(収益物件)の基礎知不動産投資・不可欠要件その1

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

不動産投資・不可欠要件その1

スポンサードリンク スポンサードリンク

不動産投資・不可欠要件その1



不動産投資の勉強で特に気をつけたいこと

  投資物件を増やしたい人には不可欠要件



あなたが3棟以上のオーナー
           になるための必須知識です。




3棟、4棟と物件を増やしていくためには、物件選びの段階で

ある2つの条件を満たさなければならない、という話までしま

した。

今回は、その具体的な条件についてお話します。


3棟も4棟も不動産を所有するためには、融資をいかに利用で

きるかがポイントです。


銀行が融資を出す、出さないを判断するときに見ている1つの

重要なポイントに「キャッシュフロー」があります。

このキャッシュフローがプラスであることが、
3棟、4棟と物件を増やしていくための1つの条件になります。



銀行は、融資の審査が持ち込まれたら、まず、その物件からどれ

くらいキャッシュフローが出るか?を見ます。


「キャッシュフロー」とは・・・・・・もっとわかりやすくいう

と、その不動産について、家賃収入から経費や融資返済、税金を

引いたあと、どれくらいのお金が残るのか?ということです。


銀行はここを重視して審査しています。キャッシュフローがたく

さん出ればでるほど、リスクは低いと判断します。


キャッシュフローがマイナスとは、家賃収入だけでは経費や融資

返済ができず、他の収入から持ち出ししてしまっている状態です。

これでは不動産投資をする意味がありません。


マイナスのキャッシュフローの不動産を持っている人は「リスク」

が高いとして銀行は融資を見送ります。


不動産を何棟も買って行けている人は、所有している不動産から

十分なキャッシュフローが出ています。

不動産投資はお金を残さなければ意味がありません。



もしあなたが、3棟4棟と物件を所有したいとお考えなら、

まず重要なことは、一棟目でまちがっても、キャッシュフローが

マイナスになるような物件を手に入れてはいけません。

キャッシュフローがプラス、は絶対条件です。これがまず不可欠
要件その1です。


このことは絶対に忘れないでください。


そして


3棟4棟と物件を所有していくための物件選びには

キャッシュフローがプラスである以外にもう一つ重要な条件があ

ります。


というのも、銀行は融資を決める際にキャッシュフローだけでは

なく、もう一つ大事な数字を見ているからです。



キャッシュフローがプラスであることが不可欠要件であるとわ
かっている人は割合おられますが、もう一つのこの条件を理解し

ている人は驚くほど少ないです。


ほんとうに大事なポイントなのでわかりやすくお話したいと思い

ます。

もう一つの大事なポイントについては、次回、ご説明します。


次回で完結しますので、お見逃しなく。



 めちゃやさしい不動産投資(収益物件)の基礎知識 続きはこちら

   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   めちゃやさしい不動産投資の基礎知識のページトップ |LINK |