家賃から考える

スポンサードリンク
家賃から考える


大都市圏で家賃を考えみましょう。地方では若干低めになります。

禁煙して(笑)貯めた、なけなしの大切なお金を投資する向きには、

5万円前後の家賃の物件になります。したがってマンションではワ

ンルーム(1R)、ワンケー(1K)、ワンディケー(1DK)ワ

ンエルディケー(1LDK)、2DKくらいになります。


ここで間取りについて説明しておきます。

1R・・・・・キッチンと居室が仕切られていないもの。

1K・・・・・キッチンと居室が仕切られているもの。仕切るとは、
       仕切りの壁、戸があってキッチンが独立するもの。
       キッチンの広さは4.5帖まで。

1DK・・・・キッチンと居室が仕切られているもの。キッチンの
       広さは、6帖くらい。6帖くらいになると、ここで
       食卓を置いて食事することができるというわけです。
              つまりダイニングですね。

       広さが8帖以上になると、ソファーが置けるように
       なり、リビング・ダイニング・キッチン・・・LD
       Kというわけです。

まず最近の傾向として、3点ユニット(バス、トイレ、洗面台)は

敬遠されます。セパレート型(バス、トイレが別々)を希望する向

きが多くなっています。もしセパレートになっていない場合は、ト

イレが別の位置に移設できる余裕があればOKです。

全体の広さとしては15m2(平方メートル)から40m2くらいです

が、最近は少し贅沢になってきまして、最低18m2が必要です。

最低18m2必要と頭にたたき込んでおいてください。


家賃が10万円近くになってくると、10万円近く払うなら、住宅

ローンを払ったら自分の家が持てるんだからという考えになります。

これは誰もが考えることです。

家賃が10万円近くになってくると、借りる人は、会社等から住宅

賃貸補助手当が出る場合が多い。したがって不況になると、そうい

う手当が出にくくなる。借り手が少なくなるということも考えてお

く必要があります。
スポンサードリンク


不動産投資の基礎の基礎・・・・・次のページ

----------------------------------------------------------------
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップ |  ページトップ