レバレッジについて

スポンサードリンク

レバレッジについて



 「目標300万円から600万円で家主になってやる」を目標に

タバコやめられたでしょうか。

 まだ家主になっていなくても、タバコをやめることができた人は

家主になれます。(笑)


 家主になった人は、すでに経験していると思いますが、お金が自

然と貯まってくるでしょう。ここが不動産投資、家主にいっぺんな

たらやめられない所以です。格言の乞食と似ています。

    家主は3日やったらやめられない。(笑)


 その新米の家主さんが、次に考えるべきことがレバレッジです。

 レバレッジ(leverage)とは、てこ(レバー、lever)の使用とい

う意味です。経済活動で、他人資本を使うことで、自己資本に対す

る利益率を高めることです。てこを応用することで、小さい力で大

きい物を動かすというわけです。


 不動産投資をするときに、自己資金だけでなく、他人資本、つま

り資金を借りることによって、より大きな収益をあげようというこ

とです。

 500万円の自己資金で、500万円の物件を買って年間50万

円の家賃収入があるとします。

 一方、1000万円の借入れをして自己資金とあわせ1500万

円の物件を買って年間150万円の家賃収入があるとします。

 この2つの表面利回りを考えてみると、どちらも10%です。


 1500万円の物件の方は、1000万円の借入金の金利を3%

返済期間20年とすると、ちゅうさんの作ったローンCF計算ツー

ルで計算すると、年間返済元利金は665517円、

約666000円になります。

 年間家賃収入は150万円ですから、年間返済金66.6万を引

くと83.4万円の収益となります。この収益は自己資金500万

円に対する利益です。83.4万を500万で割ると約16.68

%の利回りとなります。、自己資金だけで500万円の物件を買っ

た時の利回り10%に比べ1.668倍の利益が出る計算になりま

す。

 つまり同じ500万円でも、レバレッジ効果で約1.7倍になる

わけです。

 これが不動産投資の積極的な考え方、レバレッジ効果なんです。

すごいなあと感心していてはダメなんです。この考え方で進む場合

大切な事は金利の動向です。ちゅうさんの作ったローンCF計算

ツールには、金利の動向を見るため、金利が上がっても何とか行

けるか、キャッシュフロー計算を設けています。

 
 すでに家主になった人も、これから家主になる人も、レバレッジ

効果、てこの応用でいきましょう。てこが応用できるようになれば

バラ色の人生です。1日でも早くタバコをやめましょう。お金を貯

めましょう。

( ローンCF計算ツール )

 整いました!
  収益物件とかけて、タバコをやめられない人とときます。
  その心は、目的はトウシです。        
           お後がよろしいようで・・・・・・

       (投資、遠し)を書かないと無理かな? 整ってないかな?
スポンサードリンク

不動産投資の基礎の基礎・・・次のページ
----------------------------------------------------------------
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップ | ページトップ