レントロールの裏側

スポンサードリンク

レントロールの裏側



 前回、一時的に居住しているように見せかける偽装入居について

触れました。非常に悪質な計画的な例でした。


 今回は、地方の大学の近くのマンションについて、少し触れてみ

ましょう。

 都会には、高利回り物件が少ないと、地方に目を向ける投資家が

最近非常に多くなってきています。それらの投資家向けに、満室高

利回り物件を売りに出すためには、満室にしなければなりません。


 学生は、当初大学の近くがいいと考え入居したものの、アルバイ

トをしだすと、アルバイトには不便だということで、アルバイトに

便利なマンションに転居する例が多々あります。当初満室だったマ

ンションも空室率は2割を超えることがあります。


 こうしたマンションでは、利回りが悪くなって売りにくくなりま

すので、無理やり、アルバイト優先からリターンする卒業まじかな

学年の学生を好条件でかき集めるということがあります。そして満

室高利回り物件として売りに出すわけです。


 地方の高利回り物件の中には、このようなマンションも含まれて

いますので、事前の慎重な調査が必要になってきます。


 レントロールは、あくまでも参考程度、奥に何が潜んでいるかわ

からないと考えておくほうが無難です。




スポンサードリンク

不動産投資の基礎の基礎・・・次のページ
----------------------------------------------------------------
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップ | ページトップ