レントロールあれこれ2

スポンサードリンク

レントロールあれこれ2


 ここにワンルームマンションがあって、ほぼ全部同一の間取りと

します。賃料をみてみると、4万円から5万円とばらつきがある。

契約年月日から見ると新しい契約ほど安い賃料である。
 

 近隣の同じようなマンションの賃料を調べてみると、やはり低い

金額が相場となっていることがわかる。
 

 この場合、当然、家賃を下げないと契約できないことがわかりま

す。一番低い賃料、または付近の相場の賃料のどちらか安い方の賃

料で、全体の戸数をを掛けて、家賃の総額を再計算し、利回りを計

算してみる。
 

 そして売り出しの利回りと比較してみる。当然低い利回りとなり

ます。その利回りで採算が合うかどうか検討します。
 
 このように、売り出しの利回りは、現状の家賃に基づくもので、

新しく入居する者の家賃を想定しておりません。
 
 また、敷金、礼金についても同じように、時系列で経過をたどる

ことが重要です。
 
 通常、マンションの売買取引では、保証金、敷金は「持ち回り」

といって、売主が預っていた保証金、敷金を、買主が借主に返還す

る義務を引き継ぐことが大部分です。この金額も集計すると大きな

金額になります。この金額もチェックする必要があります。
 
 チェックするとともに、その金額も時系列で知っておく必要があ

ります。



スポンサードリンク

不動産投資の基礎の基礎・・・次のページ
----------------------------------------------------------------
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップ | ページトップ